外壁塗装

外壁塗装と言えば、「見た目を綺麗にするために行うもの」と思ってらっしゃいませんか?
もちろんそうした役割もありますが、本来の理由は雨や紫外線からお住まいを保護することにあります。

外壁は、日々紫外線や直射日光、雨風などの影響を受けているため、経年による劣化は避けられません。
だからこそ定期的に塗り替えを行い、住まいをより長く健康に保つことが重要です。

一般的に、外壁を塗り替えるタイミングはおよそ10年ごと。
塗装本来の効果が切れたままだと、外壁材を傷めてしまったり、最悪の場合雨漏りに繋がってしまうことも。
これまで一度も塗り替えを行っていないという場合や、外壁に劣化が見られる際は、一度ご相談ください。

■塗料の種類

○ウレタン塗料

【塗料グレード:★★ / 耐久年数:7~10年】
塗膜が柔らかく、価格・耐久性・機能性のバランスが良いのが特長。
近年ではよりハイグレードな塗料も出ていますが、水性はもちろん、弱溶剤や強溶剤・遮熱塗料など、塗布する場所や用途ごとに選択できるのがメリットです。

○シリコン塗料

【塗料グレード:★★★★ / 耐久年数:12~15年】
近年価格が下がってきており、注目を集めている塗料です。
防汚性・耐久性共に高く、シリコン塗料をベースに様々な特殊塗料も数多く開発されています。

○ラジカル塗料

【塗料グレード:★★★★☆ / 耐久年数:14~16年】
2015年に発売された最新の塗料で、従来のものには無い高知密なシールド層が紫外線・酸素・水による劣化を防ぎます。
価格はシリコン塗料と似ていますが、コストパフォーマンスが高く、人気急上昇中の塗料です。

○フッ素塗料

【塗料グレード:★★★★★ / 耐久年数:15~20年】
耐候性に優れており、東京スカイツリーの鉄骨塗装に採用されていることから、高い評価を得ている塗料です。
価格は若干高めですが、将来を見据えて塗り替えを行う際はおススメです。

一覧ページに戻る